ダーツ用品 通販

ダーツ用品の調達にお困りじゃないですか?

 

皆さんは、ダーツ用品を揃えるのにお困りではありませんか?

 

特に、始めたばかりでダーツバーなどに行ったことが無い人や
そもそも、ダーツバーやダーツ用品店が近くになくてどうしたらとお悩みの方!!

 

実は、私もそうでした(笑)

おすすめしたいダーツ用品通販サイトがありますよ!

私もダーツを初めてまだ一年ほどです。
そんなに都会に住んでいるわけではなくて、友達に誘われて
ボーリング場の一角にあったダーツボードで遊んでハマったのがきっかけです(^^♪
よくありますよね??
ビリヤード台とか一緒にありませんか?(笑)

 

なので、近くにダーツバーやダーツ専門店があるわけでもなく…

 

初めて買ったマイダーツは、ホームセンターにあったものでした。

 

ハマりだすとチップやフライト、ダーツケースなど欲しいものが増える一方で(*_*;
でも、買いたくても近くに豊富に取り揃えている場所もなく困っていました。

 

そんなとき、ダーツを私に教えてくれた友達が良い通販サイトを教えてくれました。

 

おすすめ!ダーツ用品通販サイトの詳細はこちら>>

 

ダーツショップ WEB本店 TiTO のおすすめポイント

 

ダーツショップ WEB本店 TiTO のおすすめポイントは、

 

バレル、シャフト、ダーツケースなど種類が豊富!

実際の運営店舗数最大のダーツショップだからことの取扱商品の多さは魅力です。
ダーツ用品全般を購入できるので助かります。

 

ダーツ情報が豊富

ダーツ初心者に役立つ情報や動画などがあり、参考にできることが多く掲載されています。
私も、基本は実際に練習しましたが、道具の選び方やフォームの基礎などは
このサイトから学びましたよ。
今は、カウントアップで697が最高スコアです。
(上級者の方から見ればまだまだかもしれませんが、私にしてみるとかなりの成長です(笑))

 

¥5,000以上の購入で送料が無料!

消費税込みで5,000円以上購入すると送料が無料になります!
しかも、14時までに注文すると当日発送してくれるので、急いでいるときも助かります。

 

プロも愛用者がいるTRiNiDADバレル

TiTOオリジナル商品のTRiNiDADバレルは、プロ選手にも愛用者がいるほどで
少し高価ですが、いつか上達したら使ってみたいと思ってしまうようなダーツグッズもありますよ♪

 



 

ダーツ用品は、ダーツショップ WEB本店 TiTOで!

 

ダーツにハマると、いろいろなグッズが欲しくなってきますよね。
ケースや、フライトなどちょっとしたアクセサリなど
仲間との共通の話題にもなりますし、とても楽しんでダーツが出来ています。

 

これも ダーツショップ WEB本店 TiTO のおかげです。

 

このサイトがなければここまでダーツにはまっていなかったかもしれません(^^)

 

ダーツ用品の調達方法で困っている方には、是非おすすめです!
友達と一緒にあーでもないこーでもないとサイトを眺めるのも楽しいですよ(笑)

 

一度、試してみてくださいね♪

 



ダーツとの出会い

私がダーツに興味を抱く様に成ったのは以外にも結構年齢を重ねて行った時でした。

 

きっかけと言えばこれと言って思い当たる節が思い付かないのですけど、
あえてあげるなら携帯小説の中で青年が少女に恋を描く恋愛小説モノなんですが、
その小説のストーリーで青年が少女の為に転職してダーツバーの店長に成って行く物語に進展する訳ですけど、
そこで登場するダーツの面白さをこの小説を読んでいる内に私も興味が湧いて来たのが始まりでした。

 

然しながら私が住んでいる町は東京都心とは違い地方都市なので一概にダーツをしたいと言っても本格的に遊べる施設が無いのが現状です。
そんな中で私自身としてはネットやフリマで格安で売られているダーツ一式を購入したのですけど、
何せ形から入る正確の為、実際にダーツ競技を見た事がない為にルールをどうすれば良いのか解らず仕舞いです。

 

早々、要約覚えたダーツ用語と言えばダーツの羽の所をフライトと呼びダーツが刺さるのをアウトボードと呼ぶらしい事で、
更にはシャフトと言った所には私事ですが少し拘りを持って多種多彩なフライトを取り寄せたり、シャフトも長さの違うのを揃えてたりもします。
そんな中で今お気に入りなのはくまモンのフライトだったりもします。
又ダーツケースも手持ちのコンパクトサイズを別で購入して私自身のマイダーツだけは早くも準備している状況です。

 

最近ではネットカフェでもダーツが出来る場所が増えた様にも思えますが、
未だ私が住んでいる街ではダーツと言うと飲食店でのダーツバーに行かないと遊べないのかなっと思ったりもします。

 

私の知り合いがダーツバーを開いたので試しにどんな感じななのか遊びで行って見たのですけど、
機材だけは本格的なダーツが置かれている割には店舗の広さが狭い様にも思えた次第です。

 

やっぱりダーツ遊びと言うと私のイメージでは紳士的な遊びで男性の方が多いイメージが有るのですけど、どうなのかなっと思ったりもしています。
小説の主人公は後にプロのダーツ選手にも成ってる筋書きですけど、実際のところプロの選手は何人くらい居られるのかなっと不思議に思ったりもします。

 

私の様にダーツと出会ったけれど困っている人もいるのではないでしょうか。
そんなことで、私がおすすめしたいことをご紹介していきます。

更新履歴